アラサー女子が何気なく実感している「日常の小さな幸せ」とは

アラサー女子が何気なく実感している「日常の小さな幸せ」とは
忙しい毎日の中で「大きな幸せ」を実感できてますか?正直、難しいですよね。けど、「小さな幸せ」を実感するのは簡単だと思いませんか?でもそれって、一体どうやって見つけたらいいの?職場の働き女子に「日常の中の些細な幸せ」を教えてもらいました。

アラサー女子が何気なく実感している「日常の小さな幸せ」とは

 

幸せとはなるものではなく感じるもの


幸せになりたい・・・
これは老若男女、国境を越えて誰もが思うことですよね。
でも、この「幸せになりたい」という勘違いがあるうちは幸せにはなれないのです。
なぜなら幸せはとは、なるものではなく感じるもの。
その感性がない人は、何をやっても幸せを感じないのです。
昔の物語でありますよね。
すべてがそろった王様がそこに幸せを見つけられず、さらに幸せになるためにまわりの人間を振り回してしまうストーリー。
幸せを感じる感性を磨かなければ、億万長者になっても幸せを感じられませんよ。
この感性が研ぎ澄まさされていると、些細な事柄から幸せを発見できます!

 

自由を感じる一人の時間を味わっている時


孤独は幸せと向き合う最良のパートナーです。
一人だからこそ、今、自分を取り囲む環境や人々に思いをはせ、ゆっくり向き合うことができるのです。
この時、リラックスできるようにハーブティーでも飲みながら、徒然なるままに心に移ろいゆくよしなしごとを楽しんでみましょう。
あなたのアンテナの感度が高まって、小さな幸せを発見できます。

 

未来予想図を思い描く時


30歳で結婚、32歳で一人目出産・・・・
こういった夢を見るのもいいですが、これはあくまで夢であり、相手あってこその事柄に期待をし過ぎると思い通りにいかず苦しくなるばかり、幸せが遠ざかります。
30歳までにファイナンシャルプランナーの資格を取る!
など、自分が努力したらなんとかなるかもしれない目標を立てて、その結果どんな自分になれている、どんな生活を送っている・・・と、未来予想図を具体的に考える・・・
過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる。
未来の自分を見据える時間は小さな幸せを実感させてくれます。

 

今日やるべきことを書き出してやれたことに☑を入れる時


目標を立てている時も楽しいですが、それ以上にそれを達成するための努力ができたかどうかを確認する時、人は「達成感」とともに幸せを感じます。
この時、できる人ほど「達成できたか、できなかったか」の結果にこだわりますが、これは幸せを感じる感性を弱くします。
こだわるべきは「行動できたか、できなかったか」です。
できた自分に幸せを感じ、できなかったとしても次にやるべき楽しみとしてもう一度仕切りなおせばいいのです。
☑が増える毎日は、小さな満足ですが幸せですよ~!

 

ベッドに入って頭を枕につける瞬間


この瞬間に「幸せ」を感じるには、その日一日を頑張ることが肝心です。
心も体も頭にも、ほどよい疲労感があり「やっと眠れる」その瞬間、この上ない幸せ感が
やってきます。
この一瞬のために、昼間の苦労はあるんですね。

 

感性を磨くために人間の本能である食欲を満たす時


お腹をいっぱいにするために食べるのではなく、心を満たすために本当においしいものを味わって食べる・・・
これ、幸せを感じる時であると同時に感性が研ぎ澄まされますよ。
「本物」を味わうと、自分自身が高められます。
だって、食品添加物だらけのコンビニ弁当とは根本的に「味」が違いますから。
この「味」をまた味わえるように明日も頑張ろう・・・と、思えると
毎日の過ごし方が変わります。
時には、ちょっと贅沢でも本当においしいものを味わいましょう。

 

 

とにかく心の底から笑う時


どんなきっかけだっていいんです。
面白い芸人のDVDでも、アメリカのコメディー映画でもいい。
とにかく、涙が出るくらい笑える時間・・・理屈ではなく、幸せです。
でも、笑えることも幸せと同じ。
待っていても、向こうからやってきません。
こちらから求めていきましょう。
ちなみに、面白くなくても無理やり声を出して笑う・・・というのは、心にも体にもとてもいいことだそうです。
脳が楽しいと錯覚して、免疫力が高まりがん治療にも取り入れられているんですよ。
なにも面白いことがないなら、無理にでも笑っちゃえ!です。

 

感謝を感じる時


幸せを感じる時とは感謝を感じる時と密接に結びついています。
物語の王様が、裕福な生活を当たり前だと思うからこそ、もっと、もっとと、欲しくなるように、私たちも日々が当たり前だと思うと幸せは遠のきます。
明石家さんまさんが「生きてるだけで丸儲け」と、娘に「いまる」と名づけましたが、こう考えられる彼はきっと自身の幸せ感が強いんだろうと思います。
今があること、今、ここにいられることに感謝を感じられたら、不幸なわけがありません。もちろん、生きていたらつらいこともありますが、あなたが「不幸だ、不幸だ」と思う今日が、明日も当たり前にやってくるなんて思わないでくださいね。
もし、地震などで日常がすべてなくなった時。
「不幸だ」と、嘆いていた平凡な毎日を懐かしく思い出すことになりますよ。

 

■まとめ■

アラサー女子が何気なく実感している「日常の小さな幸せ」とは

いかがでしたか。幸せは感じるもの。「幸せを感じたい」と、思ったら、ほら!あなたはすでに幸せです!ずっと、幸せが続くように感性を磨き続けてくださいね!

・ 幸せとはなるものではなく感じるもの
・ 自由を感じる一人の時間を味わっている時
・ 未来予想図を思い描く時
・ 今日やるべきことを書き出してやれたことに☑を入れる時
・ ベッドに入って頭を枕につける瞬間
・ 感性を磨くために人間の本能である食欲を満たす時
・ とにかく心の底から笑う時
・ 感謝を感じる時

 

あなたはツイてる(^_-)-☆