元子に学ぶ!平凡な派遣OLが職場で這い上がっていくズル賢い方法

元子に学ぶ!平凡な派遣OLが職場で這い上がっていくズル賢い方法
木曜ドラマ『黒革の手帖』が今注目を集めています。その理由は、主演の武井咲のファッションやメイクだけでなく、ハラハラドキドキするストーリー展開にあり、毎週目が離せないという人が急上昇中なんです!

そんな黒革の手帖は、松本清張が書き下ろしたもので、35年もの歴史を持つ不朽の名作です。

主人公の原口元子(武井咲)は、銀行の派遣OLとして働く平凡な女性です。真面目に仕事をしていて、職場での信頼もありますが、銀行で不祥事を起こした女性行員(正社員)の罪を肩代りさせられ、派遣切りに合ってしまいます。

そんな苦境の中でも、元子は強い!派遣OLの立場上知った行の裏情報(黒革の手帖)を元に上司をゆすり、大金を得て銀座にクラブをオープンさせます。

銀座で最年少のママとなった元子は、銀座で1番のクラブを作ることを目標に、人脈を利用して這い上がっていくというストーリーです。

黒革の手帖を、私は夢中になって観ているんですが、ある時に気が付いたんです。元子の振る舞いを見ていると、人の心の掴み方や動かし方がとても上手なんですよね。

元子流の世渡り術を使えば、今派遣OLという立場のあなたも、そこから這い上がって正社員になれる可能性は大アリです。

そこで今回は、黒革の手帖から平凡な派遣OLが這い上がっていくズル賢い方法を5つご紹介します。

元子に学ぶ!平凡な派遣OLが職場で這い上がっていくズル賢い方法

ズル賢い?平凡な派遣OLが職場で這い上がっていく5つの方法

同性・異性問わず年上の人に好かれる


同性・異性問わず年上の人に好かれる
元子は、年上の人に好かれる力を持っています。その人脈が色々なところで生きてくるんです。

実は元子、派遣OLをしながら週3回ホステスとしてアルバイトしていた時期がありました。その時に、クラブのママだった岩村叡子(真矢みき)からも、お客様の年上男性からも可愛がられていました。

それは、きっと彼女の性格にあって周囲をよく観察して行動しているんですが、隙を作るのが上手なんですよね。そのギャップに同性・異性問わず夢中になるんでしょう。

ママも元子に心を許していて「お客様が好意で買ってくれるというものは受け取らなきゃダメよ」という教えや、銀座でお店を続けていく上の心得なども包み隠さず教えてくれます。

これを私たちの場合で考えてみましょう。まずは上司の懐に入るところからスタートです。上司の性格を知った上で、適切な発言と行動をするのが表面的なゴマスリよりも有効です。上司に気に入られた派遣OLが、人事担当の目にも止まって、入社から1年で正社員になったという話を私は知っています。

 

自分なりの黒革の手帖を作ろう


自分なりの黒革の手帖を作ろう
ストーリーの核とも言われている““黒革の手帖”というのは、銀行での裏事情をメモした元子の手帳のこと。この手帳に大事な情報の全てが書いてあるといっても過言ではありません。元子はこの手帳を度々開き、情報を確認してはさらにメモを書き加えていきます。

組織で仕事をする上でもメモは大事です。裏情報は書き出してはいけませんが、必要な情報をまとめて日々の業務に生かし、仕事ができる人という印象をつけましょう。

私の場合は、業務ノートとは別に1冊小さなメモを持っています。そのノートには、上司や同僚、お客様の情報をメモしています。例えば出身や家の場所、好きな物やことなど多岐に渡りますが「〇〇さん:テニスが好き。息子さん東京」「〇〇さん:甘いもの苦手。野菜ジュースをよく飲んでいる」という風に日々書き足して行っていました。決して本人には見せませんが、コミュニケーションを取る上で役立つのでオススメです。

 

上を目指すという姿勢を見せる


上を目指すという姿勢を見せる
元子は「お金に勝ちたい!」「銀座でNo.1のお店を持つ」など、上を目指す姿勢を持っています。現状に満足しないという向上心が元子を奮い立たせているのです。そういった姿勢を上司が評価してくれれば、職場での立場も変わります。

派遣OLから正社員になった友人がいますが、転機になった出来事があったそう。それは、専門分野の資格取得です。分からない部分を休憩中のちょっとした時間に上司に聞いていたんだとか。このことで、2つのメリットがあったそうです。

・自分自身を追い込む→集中力が高まる

・資格の勉強をしていることが上司の耳に入る→評価UP

 

彼女は、資格を取った数ヶ月後にその努力が認められ、派遣OLからめでたく大手の正社員になりました。

 

 

相手を気遣い特別な存在に


相手を気遣い特別な存在に
元子は、周囲をよく観察して気遣うのが上手です。お客様の安島富夫(江口洋介)が選挙の事務所を開設した時に、わざわざ遠くまで出向いて花を届けたシーンが印象的でした。このような気遣い力があるので、元子はお客様からの信頼も厚いのです。

人間関係を上手く構築する上で、相手の嬉しいと感じている瞬間に立ち会うというのは大事なことです。派遣OLの立場で考えてみると、職場の人の誕生日や結婚、お子さんが産まれたなどの情報はゲットしておきたいところです。

私はFacebookで誕生日の通知が来るように設定しています。「おめでとうございます!」と言われて悪い気がする人はいませんよね。「いつも気にかけてくれてありがとう」と女性の上司から言われたことがあるので、ぜひ試してみてください。

 

人の力を上手に利用する


人の力を上手に利用する
元子は頭が良く切れる人物です。手段を選ばず周囲を利用して情報を仕入れるという姿勢は、恐ろしいな・・・とも思いますが、人の力を借りるということは大事なことです。

同じ職場で働いている人を観察してみてください。自分がやるよりもあの人の方が得意そう…と感じることはありませんか?そんな時は、人の力を借りたり自分が別のことを手伝ったりしながら周囲と協力して問題解決をしていくといいでしょう。

組織で出世していく人は、周囲を巻き込める人です。交渉力を磨いて社内・社外の人と積極的にコミュニケーションを取ることをオススメします。

 

<番外編>

危険!恋愛感情を利用して正社員に


危険!恋愛感情を利用して正社員に
上司を色仕掛けで仕留め、正社員の立場を掴んだMさん。関係が上手くいっている時は良かったのですが、不倫関係にあったので上司との関係がもつれ、結局Mさんは仕事も地位も、彼氏も失うことに・・・いくら派遣OLから正社員になりたくても、男心を逆手に取るような世渡り方法はリスクも大きいので気をつけましょう。

 

今日のまとめ

元子に学ぶ!平凡な派遣OLが職場で這い上がっていくズル賢い方法

「派遣OLから正社員になりたい」という声を聞きますが、自分には無理かな・・・なんて思っている人もいるでしょう。しかし、派遣OLからステップアップして正社員になれた人を実際に何人も見ているので、夢物語ではないと思うんです。

でも、日々の業務をこなしているだけでは不十分なんですよね。それから、男心を利用するやり方は得策とは言えません。

そんな時に元子の人脈を生かした立ち居振る舞いはきっとあなたの役に立つはずです。派遣OLから正社員になった人を実際に見ていると、異性からだけでなく同性の上司や同僚からも好かれています。

「このままずっと派遣OLか・・・」「契約期間がもうすぐ終わってしまう」と、肩身の狭い思いをしているあなたも、人間関係のちょっとしたコツを掴んでしまえば、決して無理な話じゃないってことを理解していただければと思います。頑張ってくださいね!

・ 同性・異性問わず年上の人に好かれる
・ 自分なりの黒革の手帖を作ろう
・ 上を目指すという姿勢を見せる
・ 相手を気遣い特別な存在に
・ 人の力を上手に利用する
・ 危険!恋愛感情を利用して正社員に

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆