毎日飲みたい!アラサーの基礎代謝の低下を防ぐ飲みもの

毎日飲みたい!アラサーの基礎代謝の低下を防ぐ飲みもの
ある文献によると・・・15歳女性の平均エネルギー代謝量が、1日1,270kcalなのに対し、30歳になると1,140kcalまでに減少してしまうらしい。歳を取るとなかなか痩せづらくなるのは、この基礎代謝量の減少が原因でもあります。
ということは、つまり、脂肪を燃焼させやすい体を作るためにも基礎代謝を上げる事が必要不可欠というわけ。

仕事帰りにでも運動とかできればいいのだけれど・・・何かと忙しいアラサー女子の場合はエクササイズする時間がままなりません。そこで今回は運動ではなくて、基礎代謝の低下を予防する飲みものを5つご紹介します。

毎日飲みたい!アラサーの基礎代謝の低下を防ぐ飲みもの

 

脂肪燃焼には1日2ℓの水分が・・・


脂肪燃焼には1日2ℓの水分が・・・
アメリカの医学博士によると、体に水分が不足しているとエネルギー代謝が低下してしまうそうです。また、別の調べによると、体脂肪率が高い人ほど水分が不足していると言います。逆に筋肉量の多い人ほど体水分量は多いそうです。ですので、基礎代謝の高い男性の方が、水分量が多いという結果も出ています。

人間の体は約60%が水分で構成されています。水分は1日で汗や尿、呼吸などにより約2.5ℓの量を失っています。ですので、何もしないでいても水分補給をする必要はあります。

ダイエットなどで食事制限をしている場合などは、食物から得られる分の水分が不足してしまいます。さらに、有酸素運動をすると水分は不足しがちです。

基礎代謝に直接かかわる筋肉の維持のためには、体の水分は必要不可欠なのです。ですから、1日2ℓ以上の水分を目安に摂取する事が良いとされています。

水には、軟水と硬水がありますが硬水に近いほど、ミネラル量を多く含むので代謝を良くし、便秘やお肌にも良いようです。しかし、冷たい水や1度にたくさんの水をがぶ飲みするのは、胃腸に負担をかけてしまいますので気を付けましょう。

むくみやすい人も注意が必要です。

 

緑茶を飲んで代謝アップ!


緑茶
最近では、特定保健用食品として認められている“痩せるお茶”“脂肪の燃焼を助けるお茶”と銘打つ商品をよく目にするようになりましたね。

そういった点からも分かるように、お茶の成分にも体脂肪燃焼効果がある事が認められています。

緑茶に含まれるカフェインやポリフェノール(カテキン)が、脳に働きかけて自律神経を活性化し、糖質の吸収を抑え、体脂肪の燃焼を促進するという働きがあります。

カフェインは体脂肪の分解を促進し、ポリフェノールは血液をサラサラにしてコレステロール値を下げてくれるという効果があります。また、利尿作用があり、体内の毒素を外に排出してくれるという効果もあります。

ですから、お茶は体脂肪に働きかける成分と余分なカロリーを摂らないで水分を補給できるという事から、基礎代謝をアップさせるには最適な飲み物だと言えるのです。

 

コーヒーで効果的に脂肪を落とす!?


ある実験をしたところ、コーヒーが脂肪燃焼の促進に一役買っているという事が判明したそうです。それには、緑茶同様カフェインが関係しているようです。

また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸という物質が代謝を促進させる働きがあると言います。コーヒーに含まれるカフェインは人間の自律神経の1つで、体を活発に活動させる時に働く神経である交感神経も活発化させる働きがあるようです。
交感神経が優位になれば、基礎代謝を効果的に促す事が出来ます。という事を踏まえると、交感神経が優位に働いている時に運動をすれば、さらに効果的だという事が分かります。

カフェインが、交感神経を活性化させるには摂取して30分前後だと言われています。
ですから、運動をする30分くらい前にコーヒーを飲むのが効果的だと言えますね。

しかし、飲み過ぎには注意が必要です。たくさん飲む事はお勧めできません。

個人差はあるかと思いますが、カフェインが交感神経を活性化させるという事は、興奮状態にあるという事ですので、不眠に陥る可能性も考えられます。
そうすると逆に自律神経のバランスが崩れ、代謝の悪い体になってしまいます。

ダイエットをしたいからと過度に摂取をするのはやめましょう。

 

 

牛乳で脂肪燃焼?


現代の日本人はカルシウムが不足しがちだと言われています。ダイエットをしていると、さらに不足しがちになってしまいます。

カルシウムは主に骨を作る栄養素としての認識が高いのですが、筋肉を動かす時に必要な栄養素でもあります。また、カルシウムは、腸内に溜まった脂肪を吸着し便として排出してくれる効果もあります。それに体温を上昇させる効果もあるため、代謝も上がり脂肪の燃焼効果も上がります。

カルシウムを多く含む食品はやはり乳製品です。牛乳コップ1杯(200cc)でカルシウムの含有量は220mgです。厚生労働省の調べでは、カルシウムの必要摂取量は、

1日に700mgとも言われていますので、他の食品だけでは補いきれませんので、積極的に牛乳を飲む事がお勧めだという事です。しかし、これも摂り過ぎには注意が必要です。

牛乳には、カロリーも含まれますので飲み過ぎると逆効果になってしまう事もあります。

 

卵白スープでカロリー制限


卵は高カロリーですが、卵黄が100g当たり約387kcalなの対し卵白は100g当たり約47kcal 程と卵白自体はとても低カロリーである事が分かります。卵白にはアミノ酸が豊富です。

アミノ酸は体の新陳代謝には欠かせない成分だと言われています。

カロリー制限が必要なスポーツ選手は、卵の白身だけを摂取するという話を耳にすることもあるのではないでしょうか?ですので、卵白でスープなどを作るのも良いですね。

みそ汁に入れるのもオススメです。

 

今日のまとめ

アラサー女子は毎日飲んで!代謝量の減少を予防する飲みもの

いかがでしたか。忙しいアラサー女子にとっては、嬉しい情報ですね!これで、代謝の減少を防ぎ脂肪を燃焼しやすい体作りを心がけてはいかがでしょうか?

・ 1日2ℓの水分で脂肪を燃焼する!?
・ 緑茶を飲んで代謝アップ!
・ コーヒーで効果的に脂肪を落とす!?
・ 牛乳で脂肪燃焼?
・ 卵白スープでカロリー制限

 

あなたはツイてる(^_-)-☆