クローゼットの断捨離!入りきらなかった荷物の収納方法

クローゼットの断捨離!入りきらなかった荷物の収納方法
家のものを断捨離したけど・・クローゼットの中は意外と減らなかったな・・と思うアラサー女性は少なくないはず!なぜなら女性は「ものを捨てられない生き物」だからです。大掃除の時くらいしか洋服を整理しないという女性は多いですよね。そのままでは、いつの間にか家中がいらないものであふれかえってしまいますよ!

そこで今回は、断捨離しても減らない大量の荷物を収納する方法をご紹介します!

クローゼットの断捨離!入りきらなかった荷物の収納方法

 

クローゼットの下段をタンス収納にする


まず、自宅のクローゼットはどのように使っていますか?とにかく服をハンガーにかけて並べている・・・なんてアラサーはいませんよね。それ、汚部屋の始まりです。クローゼットがいっぱい・・というアラサー女性は多いのですが、それって本当ですか?クローゼットを100%使いきるのは至難の業です。もしそんな女性がいたなら、その女性は超収納上手な女性ですね。一番余裕があるのはクローゼットの下段・・床に置くタンス収納です。まずは選ぶタンスからポイントがあって、「奥行きがぴったりサイズ」のものを選びましょう。
手前にスペースがあってはもったいないです。今あるタンスをどうしても活用したい場合は、タンスの裏にシーズンオフの洋服を収納するといいでしょう。クローゼットの下段を収納スペースとするだけで、収納量は大幅に上がります。

 

タンスの中身は立てて収納!


タンスの中身、どうやって収納していますか?普通にたたんで重ねると、上の洋服しか見えなくなってしまいますよね。そうすると必然的に上のものしか使わなくなってゆきます。これではタンスの深さを十分に利用できていません。中の洋服は立てて収納するのが正解です。小さく丸めるようにたたみ、すべての洋服を立てて収納します。そうすると、タンスの容量は同じにもかかわらず、より多くの洋服が収納できるようになるのです。しかも、すべての洋服が一度に見えるので、おしゃれも楽しくなっちゃいます!ぜひ試してみてくださいね!

 

小物専用の収納BOXを使う


ネックレスやピアスなどのアクセサリー、カバンや靴などの小物類・・・あればあるほどおしゃれの幅が広がる重要なアイテムですよね。しかし、アクセサリーはなくさないように一つずつ箱に入れて管理すると、見つけにくいうえに場所を取りますし、カバンや靴などは意外とかさばります。そういうときは、思い切って小物用の収納スペースを確保しましょう。シェルフでもチェストでも何でもいいです。ただし、一度決めたらそれ以上増やさないこと。新しいものが欲しくなったら、今あるものを処分して、収納スペースを確保する必要があります。そうすると、ものを買うときに衝動買いが少なくなり、無駄遣い防止にもつながるんですよ!

 

 

断捨離の際のポイントを見直す


「物が捨てられない」というのは、一見、ものを大事に使っているように見えますが・・実は悪しき習慣なんです。女性は特に、買い物でストレス発散をしてしまいがちなので、「衝動買いした流行もの」なんかが大量に家に存在することも・・・そして、大概のお洋服がほとんど着られないまま、クローゼットの中で眠っているために、いざ捨てようと思っても「まだきれいだし・・」「新品だし」と捨てられなくなってしまうのです。捨てるか、捨てないかの境界線は、とっても難しいところですよね。でも、ここはシビアに「今着たいか、着たくないか」で判断するのが一番いいのです。久しぶりにそのお洋服を見て、うれしくなったかならないかで判断が決まります。そして、大概の女性は「ヘビロテしている服」ばかりが手元に残るのです。「断捨離したのにクローゼットがいっぱい・・・」とおもう女性は、断捨離の基準を考え直すことも重要だと思いますよ!

 

トランクルームを使う


トランクルームってご存知ですか?いわば、一時的に荷物を保管してくれる倉庫や金庫のような場所のことです。これは、趣味で大きな道具を使っている人などが利用する場合が多いですね。例えば、登山やサーフィンなど、大きな荷物を要する場合、それを部屋で管理するのは難しいために、こういったサービスを利用します。そのほかにも、衣装持ちの女性がオフシーズンの洋服を管理するために使われたりもしますね。トランクルームは、ほとんどが空調管理されているので、洋服の傷みも最小限で済みます。自宅保管よりも状態良く保てる可能性も十分にあるのです。さらに、物品保証も付いているので、高価なものでも安心ですね。しかし、トランクルームと似たサービスで、「貸倉庫」というサービスがありますが、こちらには物品保証はついていません。利用する際は要確認ですね。

 

今日のまとめ

クローゼットの断捨離!入りきらなかった荷物の収納方法

いかがでしたか。お部屋の収納って意外に難しくて、すぐに散らかってしまうんですよね。いつ彼が来てもいいようなきれいなお部屋に保ちたいのに・・と思っている女性は、自分が管理できる以上の物量を保有してしまっているのかもしれません。断捨離をきっかけに、心地よい部屋への第一歩を踏み出しましょう。

・ クローゼットの下段をタンス収納にする
・ タンスの中身は立てて収納!
・ 小物専用の収納BOXを使う
・ 断捨離の際のポイントを見直す
・ トランクルームを使う

 

あなたはツイてる(^_-)-☆