シナモンだけじゃない!毛細血管を増やして強くする食べ物5選

シナモンだけじゃない!毛細血管を増やして強くする食べ物5選
シナモンに毛細血管を増やす効果があるなんて・・毛細血管が増えると目の下のクマやシミ、シワそしてむくみなど、ありとあらゆる身体の不調が改善されます。

若返るためには血管の中を流れる血流を増やす必要があります。そんなことは誰だって知っていること。

けど、血管の9割が毛細血管だということは意外と知らない人も多いみたい。ってことは毛細血管を増やして強くすることが若返りのキモと言っても過言ではありませんね。

そこで今回は、シナモンの他に、毛細血管を増やして強くする食べ物について、その効果と合わせてお伝えします。

シナモンだけじゃない!毛細血管を増やして強くする食べ物5選

 

毛細血管って重要なの?


毛細血管って重要なの?
毛細血管って聞くと、あなたは何をイメージしますか?

体中に張り巡らされている細い血管というイメージが強いと思うのですが、その毛細血管の重要性については考えたことがあまりないのではないでしょうか?

なにを隠そう、私自身、毛細血管に気を使って生活をしたことは一度もありませんでした。
真冬に外に出ているとき、手がかじかんで手をこすり合わせたりすると暖かくなるのは毛細血管のおかげなのかな?とか、冷え性だから毛細血管の力が弱っているのかな?という程度の知識しかありませんでした。

しかし、最近、毛細血管が注目されているんですって。

毛細血管は、身体中に張り巡らされている細い血管ということは間違いないのですが、人間の体の全身の99%が毛細血管で、長さは10万キロメートルにもなると聞いたら驚きますよね。
10万キロメートルって地球2周半の長さですよ、そんな長さのものが体内に入っているとわかったら、ちょっと神秘的ですよね。

さて、そんな毛細血管ですが、どうしてそんなに注目されているのかというと、毛細血管はそもそも体の中に張り巡らされているだけでなく、臓器にも張り巡らされているんですね。臓器に酸素をいきわたらせるためにも大切な役割をしています。
そんな毛細血管は、60~70代になると20代のときと比べて4割も減ってしまうんです。減ってしまうとどうなるのかというと、肝臓、心臓、脳などの血液量も減り、色々な病気を引き起こすと言われています。

病気だけではなく、シミやしわの原因になるとか・・・これは深刻ですよね。
アンチエイジングと思って、顔に色んな化粧品を塗りたくっていても、もともと体の内側
が汚れていたら、意味がありません。
もっと言えば、毛細血管を綺麗にすることができたら、若返ることができるかもしれないんです。こんなにうれしいことはありませんよね。

今日は、そんな毛細血管を綺麗にして、血液量を増やすのに効果的な食材をご紹介していきます。

 

シナモンが毛細血管を強くする?


シナモンが毛細血管を強くする?
NHKの番組「ためしてガッテン」で毛細血管の特集が組まれ、その中で、シナモンが毛細血管の復活に効果的であると言われていました。
そこから、シナモンに対する世間の反応が変わりましたよね。
シナモンは、漢方薬にも使われるもので、「桂皮」と呼ばれています。昔から親しまれている漢方の一つで、日本でも有名ですね。

そんなシナモンですが、毎日定期的に摂っているという人はあまりいないのではないでしょうか?
独特なスパイシーな風味が、お菓子などの香りづけや風味づけに使われることはあっても、毎日大量に摂取している人は周りにいないですし、そんな人は、ちょっと変わった人と思われてしまうかもしれないですよね。

シナモンは、熱帯に生育するクスノキ科の常緑樹でその樹皮から作られる香辛料のことを言います。日本ではニッキと呼ばれることもありますね。
ニッキはニッキ飴、八つ橋などに使われているので日本でもなじみがあります。

シナモン、ニッキ、桂皮と呼び名は違えど、どれも同じものと言われていますが、名称が違うのはもとになる木が違うからなんです。

  • シナモン・・・セイロンニッケイ
  • ニッキ・・・・シナニッケイ
  • 桂皮・・・・・トンキンニッケイ

微妙に違うので、香りもちょっと違いますね。シナモンは、西洋のお菓子向けの上品な香り、ニッキはより和風でツンと強くスパイシーな香り、桂皮は薬っぽい香りがします。

どれも効果には大差がないようなので、今回はまとめてシナモンと呼ばせていただきますね。

シナモンには、体を温めたり、解熱鎮痛作用があります。
体を温めるということで、毛細血管を復活させる効果があると言われています。
さらに、毛細血管のTie2という物質を活性化してくれ、壁細胞を剥がれにくくする接着剤の役割を強化してくれます。

さて、シナモンはなかなか毎日摂るのが難しいですが、最近はパンやジャム売り場などでシナモンのパウダーが簡単に手に入ります。普段飲んでいるコーヒーに一振り入れたり、マーガリンの上からシナモンパウダーと砂糖をかけてシナモントーストを作るのもオススメです。
シナモンと砂糖が一緒に入っているものも売られていますので、便利ですね。

苦手という人も、毎日少しずつ摂ることができるので無理せず続けられるのではないでしょうか?

 

注目食材ヒハツって何?


注目食材ヒハツって何?
シナモンと同じように、毛細血管の復活に効果があると言われているのがヒハツです。
私は、聞いたことがない食材だったのですが、これは「長こしょう」と言われるものです。ヒバーチ、ピーヤシ、ピパーツなどとも呼ばれていて、どれかは聞いたことがあるかもしれませんね。

シナモン同様、香辛料の一種で、沖縄の名物ソーキソバなどにかけて食べるものです。
沖縄通の人なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

こちらのヒハツも、シナモンと同じように、毛細血管のTie2という物質を活性化する働きがあることから注目されています。
ソーキソバはあまり食べないという人も、ラーメンやうどんなどの麺類に入れてみるといいかもしれませんよ。

味は、ウコンとこしょうを合わせたような味がするんだそうです。

気になる方は試してみてくださいね。

 

 

ルイボスティーを飲もう


ルイボスティーを飲もう
最近ではかなり有名になってきたルイボスティー。もともとはノンカフェインで体にいいお茶として注目され始めたのですが、これがシナモンと同じように毛細血管の活性化にも効果があると言われているのです。

毛細血管を丈夫に保つTie2という物質を活性化する働きがあり、毎日飲むお茶をルイボスティーに変えると、自然と毛細血管強化につながると言われています。

ルイボスティーは紅茶の一種で、南アフリカ共和国を原産とするマメ科の植物から作られています。南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈でしか作ることができないため、貴重でその効果から「奇跡のお茶」とも呼ばれています。


ロイヤルTルイボスティー 有機ルイボス茶 160パック 400g (40パック 100gx4箱)

クセのあるお茶ではありますが、私も普段飲んでいるものからルイボスティーに変えて、冷え性がかなり改善されてきました。毛細血管に効果があるかどうか目に見えてはわかりませんが、これからに期待したいです。

 

ショウガで血行促進


ショウガで血行促進
こちらは昔から日本人になじみのある薬味として有名なショウガです。

私も小さい頃から風邪を引いたらショウガとはちみつの入ったショウガはちみつ茶を飲んだり、紅茶にショウガを入れて飲んだりしてきました。
日本では昔から、体にいい食材として親しまれています。

ショウガには、ショウガオールという体を温めてくれる成分とジンゲロールという免疫力を高める成分が含まれています。体を温めてくれるショウガを積極的に摂ることで毛細血管の復活が期待できます。

私は、おみそ汁に入れたり、酢漬けを作って毎日食べるようにしています。温めると迅げロールがショウガオールという体を温める成分に変わるので、料理に使ったり、紅茶の中にいれて温めるのもいいですね。

 

青魚で血液サラサラに!


青魚で血液サラサラに!
毛細血管を復活させるのに効果的なのは温めることですが、血液自体を綺麗にしなければ綺麗な血が流れないので意味がありませんよね。
その点、血液を綺麗にしてくれるのが青魚です。EPAという成分が血液をサラサラにし、血管年齢を若く保ってくれると言われています。

青魚というとDHAという成分が有名ですが、こちらは成人というよりは子ども向けに必要な成分で、脳に効果があり、乳幼児には摂ることが勧められている成分です。

しかし、血液サラサラとか、血管年齢の若返りから見るとEPAの方が大人には必要な成分です。
EPAは「エイコサペンタエン酸」の略称で、いわしやさば、あじなどの青魚に多く含まれるn-3系脂肪酸です。これは、体内では作ることができない成分なので魚やサプリメントから摂取することがオススメです。

 

今日のまとめ

シナモンだけじゃない!毛細血管を増やして強くする食べ物5選

いかがでしたか。血液をサラサラにして、体を温めることで、体の隅々にある毛細血管を活性化させ、若返ることができるんですね。

冷え性を放っておくと、どんどん老けていってしまいます。

シナモンをはじめとする、毛細血管を強くする食材を摂って、いつまでも若々しくいたいですね。

・ 毛細血管って重要なの?
・ シナモンが毛細血管を強くする?
・ 注目食材ヒハツって何?
・ ルイボスティーを飲もう
・ ショウガで血行促進
・ 青魚で血液サラサラに!

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆