腸内環境を整える痩せ菌!クリステンセネラセエの効果効能

腸内環境を整える痩せ菌!クリステンセネラセエの効果効能
クリステンセネラセエって聞いたことありますか?

なんと腸内細菌の名前なんです。痩せ菌とも言われていて、今話題なんです。

この話題の痩せ菌、クリステンセネラセエの効果効能について調べてみました。

腸内環境を整える痩せ菌!クリステンセネラセエの効果効能

 

クリステンセネラセエを増やすだけで痩せる??


クリステンセネラセエを増やすだけで痩せる??
ダイエットの問題って、女性にはいくつになってもついてまわりますよね。特にアラサー女子になると、どうしても痩せにくくなってきませんか?

そして、気になるのが、食べても太らない周りの女の子達。同じようにホテルビュッフェとかに行ってたくさん食べていたり、明らかに自分より食べているのに痩せている・・・。そんな人って周りにいませんか?

こっちはジムに通って頑張って運動しているのに、その人は、別に運動もしていない様子・・・。もしかしたら、見ていないところで運動していたり、努力をしているのかもしれないけれど、それもなさそう。

そんな人は、もしかしたら、「痩せ菌」を持ってるのかも?

痩せ菌として最近注目されているのが「クリステンセネラセエ」です。とっても言いにくい名前ですが、これがとっても重要な菌だということなのです。

この菌を多く持っている人は痩せやすく、この菌が少ない人は太りやすいということが最近わかってきました。

私の姉は、痩せやすい体質で、昔から同じものを食べていても姉は太りませんでした。私と私の母は少しでも不摂生するとすぐ太るタイプ。なんでだろう?と疑問に思ったものですが、このクリステンセネラセエが多いと言えば納得です。

現在も、「痩せ薬」と言われる薬は存在します。ただ、それが定着しないのは、副作用などの心配があるからです。

しかし、クリステンセネラセエは「菌」です。腸内細菌の一種なので、薬とは違います。そんなクリステンセネラセエを腸内で多くすれば、痩せやすくなるというのなら是非とも摂取したいですよね。

将来的に、クリステンセネラセエをカプセル化したり・・・なんてこともあるかもしれません。

 

今、話題の腸内フローラとは?


今、話題の腸内フローラとは?
雑誌やテレビなどで頻繁に取り上げられている「腸内フローラ」。とても綺麗な名前で、なんだか興味をそそられますよね。

腸内フローラは腸内細菌群のことで、腸内細菌がたくさん集まったものを言います。そして、その腸内フローラには、みなさんも聞きなれている「善玉菌」と「悪玉菌」、そしてどちらにも属さない「日和見菌」というものがあります。

そして、その腸内フローラには理想的とされる割合があります。善玉菌20パーセント、悪玉菌10パーセント、日和見菌70パーセントです。意外に思われるかもしれませんが、日和見菌というのが実は私たちの健康を左右する大きな役割を担っているのです。

日和見菌は、どちらか優勢の菌の手助けをすると言われています。なので、善玉菌が多ければそちらにつくし、悪玉菌が多ければそちらにつくということ。

できるだけ日常生活で、善玉菌を多くしておけば、自ずと痩せやすい体質を作ることができるというわけなんです。

 

太りやすい人と痩せ体質の人の違い


太りやすい人と痩せ体質の人の違い
では、太りやすい人と痩せやすい人の体質の違いはなんなのでしょうか?

今までは、遺伝だとか、もともとそういう体質なんだとか言われてきましたよね。私の周りにも、食べても太らない女性はみんな口を揃えて「そういう体質だから」といいます。

体質じゃどうにもならないよな~なんて諦めているところもありましたよね。太りやすい体質の人は、親を恨むか運命を恨むか・・・そんな感じではありませんか?

ただ、このクリステンセネラセエを増やすだけで痩せられるということが分かったら画期的ですよね。
痩せ体質になるのも、遠い将来のことではないかもしれないんです。

ちなみに、悪玉菌は「デブ菌」と言われているそうですが、肥満体質の人の糞便を移植された患者が、太り出したという実験結果があるそうです。

つまりは、その反対で、痩せ体質の人の糞便を移植すれば痩せてくるのではないでしょうか。これはとてもうれしいニュースですよね。

まだまだ広く知られていないクリステンセネラセエですが、これからどんどん研究が進んで、痩せ体質になれる日が来るかもしれないと思うと、今から楽しみになってしまいます。

 

 

クリステンセネラセエの効果


クリステンセネラセエの効果
昔から「ヤセの大食い」なんていう言葉があるほど、たくさん食べるのに痩せている人っていますよね。同じように食事をしているのに、お酒も飲んでお菓子も食べて・・・それでも痩せている。「なんだか不平等だな~」と思ったことは、私だって一度や二度ではありません。

クリステンセネラセエの効果はズバリ、「痩せ体質になれること」です。

クリステンセネラセエという菌が、痩せやすい身体を作っているということがわかっただけでも、なんだかすごくハッピーです。

サプリメントになったり、ヨーグルトにこの菌が入ったものが出てきたらすごく売れそうですね。

もちろん、腸内移植ができるようになれば、すぐにやりたい気分です。

好きなものを食べて、太らないとなれば人は絶対に飛びつきますよね。

今までも、サプリメントなどで痩せるとか、脂肪吸収を抑えるというものはたくさんありました。でも、劇的に効果があるというものはないのではないでしょうか?サプリメントの中でも、「痩せる」という雰囲気を醸し出しつつも実はハッキリと「痩せる」とは明記していない誇大広告に近いものも存在しています。

飲めば痩せる・・・そう思わせる上手な売り方で工夫している企業も多いですね。それくらい、「飲むだけで痩せる」というのはみんなが望んでいることなんです。

運動もしないで、食事制限もしないで、この薬を飲むだけで痩せる。そんなことが現実になったら、やっぱり試してみたくなるんです。

クリステンセネラセエがサプリメントになってくれたら、ぜひ試してみたいですね。

 

クリステンセネラセエを増やす食材


クリステンセネラセエを増やす食材
クリステンセネラセエを摂ると痩せ体質になれるということはもう分かりました。では、ただひたすらクリステンセネラセエがサプリメントになるのを、指をくわえて待っているというのでは、いつになるかわかりません。

今から、体質改善のつもりで、「デブ菌」と呼ばれる悪玉菌を追い出し、痩せ体質になるべく、善玉菌を増やすようにしましょう。

善玉菌を増やす食材は、やっぱりヨーグルト?と思いますよね、しかし、ヨーグルトを食べているだけではダメなんです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、中には生きて腸にまで届かないものもあります。「腸まで届く」ということが大事なポイントなので、ヨーグルトを選ぶときはチェックしてみてくださいね。

そして、植物性の乳酸菌も大事です。ぬか漬けやキムチ、味噌や醤油なども植物性の乳酸菌ですね。日本で昔から食べられているぬか漬け、お味噌汁などは腸内の環境を整えてくれる大事な存在なんですね。

しかも、日本人の身体にはとても合うものなので積極的に取り入れてみましょう。

そして、乳酸菌と一緒に摂りたいのが、乳酸菌のエサとなる「オリゴ糖」を含む食材です。乳酸菌を摂ったら、大いに活躍してもらいたいものです。その活躍を手助けしてくれる食材を一緒に摂ることでより効果を発揮してくれます。

オリゴ糖を多く含む食材は、玉ねぎ、りんご、バナナ、ハチミツ、大豆など。

りんご

例えばヨーグルトにりんごやバナナ、はちみつを入れてフルーツヨーグルトにして食べるなんていうのは特にオススメですね。

りんごやバナナは一年中スーパーで買うことができますし、手軽な果物ですから続けられそうですね。

さらに、大豆はお味噌の原料です。一日一食は味噌汁を食べるというのも、善玉菌を増やすことに繋がります。

 

今日のまとめ

腸内環境を整える痩せ菌!クリステンセネラセエの効果効能

いかがでしたか。今日は聞き慣れない「クリステンセネラセエ」について見てきました。長くてヘンテコな名前だから、覚えるのが大変!かもしれませんが、太りやすい体質の人には覚えておきたい菌の名前ですね。

今日から、腸内フローラを整えて、クリステンセネラセエを増やすべく、体質改善に取り組んでいきましょう。

・ クリステンセネラセエを増やすだけで痩せる??
・ 今、話題の腸内フローラとは?
・ 太りやすい人と痩せ体質の人の違い
・ クリステンセネラセエの効果
・ クリステンセネラセエを増やす食材

 

あなたはツイてる(^_-)-☆