足元の冷えにそこまでする?オフィスでドン引きな寒さ対策

足元の冷えにそこまでする?オフィスでドン引きな寒さ対策
皆さん、オフィスでの寒さ対策はどんな事をしていますか?女性にとって“冷え”は大敵ですよね?「若いころはあまり感じることがなかった」という人も、年を取るごとに寒さが身にしみてきます。だからといって、オフィスでの“寒さ対策”が行き過ぎたりしていませんか?

もしかしたら、上司や同僚から「それは、ちょっとやり過ぎ!」とドン引きされているかもしれません。では、上司がドン引きするやり過ぎた“寒さ対策”とはいったいどんなものなのでしょう?

足元の冷えにそこまでする?オフィスでドン引きな寒さ対策

 

ビックリな“寒さ対策”もこもこムートンブーツ!


もこもこムートンブーツ
オフィスにいると、足先が冷えますよね?

足裏にカイロを貼ったり、厚手のタイツを穿いたり、ひざ掛けをしたりといろいろな寒さ対策をしている女子は多いと思いますが…。
「これは、行き過ぎ!」と言う声が上がったのが、“もこもこムートンブーツ”を履いているアラサー女子の存在!確かにあったかそうですね。

室内用ムートンブーツはありますが、オフィスで履くにはちょっと引いてしまいますよね。普通にもこもこスリッパでも、「行き過ぎ!」という人もいる中、ブーツとなるとさらにドン引きですね。

しかし、声をかけるにもかけづらいかもしれません。

オフィス用の靴と言えば、ナースサンダル的な物だったりします。確かにサンダルでは足先が冷えてしまいますが、あくまでも職場ですので、あまり目立つものは避けたほうが無難でしょう。

 

過剰に反応する女子


過剰に反応する女子
オフィスの中でも、場所によっては特に冷える場所が存在しますね。

特に、出入り口付近はよく冷えます。その近くに座っているアラサー女子の反応が、周りをドン引きさせているようです。
冷え性である彼女。ひざ掛け、ストール、カイロなどで“寒さ対策”は万全。それだけでも反感を買いそうですが…。

しかし、それだけ“防寒”していても寒いらしく、ドアが少しでも開くと過剰に反応してしまうのです。同僚の中には、ドアを開けるのに少し勇気がいるとの事。ドアが開くと「寒いので早く閉めてください!」と、強い口調で言われるそうです。

それが上司や同僚ばかりか、お客様にまでそういう態度を取るので、ドン引きどころか、かなりの反感をかってしまっているようです。

寒いのはわかりますが、あまり過剰に反応するのはいかがなものでしょう。

 

電気ストーブ女子


机の下に電気ストーブ
デスクの下の足元に電気ストーブを忍ばせるアラサー女子の目撃情報は多数あるようです。確かに、これなら“寒さ対策”には持って来いなのかもしれませんが…。

男性陣からは、「そこまで?」という声も聞かれるようです。

しかも、電源の1つをそれに占拠されるわけですので、周りの視線は冷ややかなものです。足元なので外からは見えませんが、確実に“空気の読めない女”というレッテルを貼られてしまうかもしれません。

 

 

マフラー女子


マフラー女子
出勤の時にマフラーを巻いて来るのは、不自然な事ではありませんが、寒いからと言ってオフィスにまで巻いて来るのはいかがなものでしょう?

基本的には、ロッカーにしまって来るはず…。ですが、マフラーを巻いて仕事する女子が実際に存在するのです。
中には、ニット帽をプラスしているという強者も!

私の主観ですが、それで仕事ができるのか?と思ってしまいます。

それに最近では、風邪などのウィルス対策にマスクをつけている人も多いですよね。マフラーとニット帽に加えマスクまで着けているとしたら、変質者のような出で立ちになってしまいますね。

これでは、上司も同僚もドン引きしてしまうのは当然です。

やはり、オフィスには相応しい服装がありますので、“寒さ対策”もほどほどにしておかないと印象が悪くなってしまいます。

 

貧乏ゆすり女子


貧乏揺すり
寒くなると、体をゆすりながら手をすり合わせたり、「はー」や「ふー」などの息が漏れることもしばしば…。屋外で電車やバスを待っている時などによく見かけますよね。

それが、屋外なら、冬ならではの光景なのかもしれませんが、さすがにオフィスでは、ドン引きですよね。隣の席でガタガタと体を揺らしていたら、気が散って仕事どころではないでしょう。

本人は、無意識にやってしまっていることなのかもしれませんが、周りにいる者からすると、たまったもんじゃありませんよね?心当たりがあるかも!?というあなた!

気を付けたほうが良いかもしれませんね。

 

今日のまとめ

足元の冷えにそこまでする?オフィスでドン引きな寒さ対策

いかがでしたか。行き過ぎる“寒さ対策”についてお伝えしました。どれも上司からも同僚からもドン引きされてしまいそうなものばかりでしたね。何事も行き過ぎるのは良くないという事です。

最近は、服の下に着ると温かい素材のインナーなども多数発売されています。自分に合った物を着用するのも良いと思いますし、足用のカイロも売られています。

または、腰・お腹・首元のカイロ3点貼りなど、外からは見えにくい“寒さ対策”もあります。そして足首を回すなどのストレッチは、血行を良くしますので体が温まってきます。それに、普段の生活習慣を改善すると、“冷え”の症状も緩和されてきます。

このように、“冷え”を改善する方法も活用して、「ドン引き女子」にならないように気を付けていきましょう。

・ ビックリな“冷え対策”もこもこムートンブーツ
・ 過剰に反応する女子
・ 電気ストーブ女子
・ マフラー女子
・ 貧乏ゆすり女子