モヤモヤ感を解消したい!自分で悩みの原因を見つける方法

モヤモヤ感を解消したい!自分で悩みの原因を見つける方法
女性の悩み事の多くは、実は自分が作り出しているそうです。自分自身が作り出した悩みならば、考え方や行動次第で悩みは解決するはずです。ですが、肝心の悩み事の根本の原因が分からずに、解決できないということも多いようです。自分自身の中にある悩みの原因を、どうやったらみつけることができるのでしょうか?

モヤモヤ感を解消したい!自分で悩みの原因を見つける方法

 

周りのせいにしない


原因を考えていくとき、人はどうしても周りのせいにしたくなってしまいます。
会社のせい、親のせい、彼氏のせい、社会のせい、環境のせい、とりあえず自分以外に責任を押し付けてしまう方がラクですからね。
確かに、自分の力ではどうしようもないこともあるでしょう。

ですが、それでは何も解決しません。周りを変えることは難しいですからね。

たとえば「雨が降っている」という状況を「濡れるからいやだ」と思う人と「日差しがないから日焼けしなくてよかった」と思う人がいるように、悩みの原因は周りではなく、自分の捉え方にあるということも多いのです。

雨が降っているという状況は変えられなくても、自分の捉え方ならば変えられますよね。

「ミスをするのは上司の説明の仕方が悪いせい」
「彼氏の浮気のせいで私は不幸になった」などというように、あなたが周りのせいにしていることの中に、実はあなた自身が原因であることがありませんか?

上司の説明の仕方が悪くてミスをした、それはあなたの確認不足ともいえるのでは?
または、こまめに進捗報告をしていれば、ミスは防げたかもしれません。

確かに彼氏は浮気をしたかもしれないけれど、あなたは修復する努力はしたのですか?
そもそも浮気するような男を選んだのはあなた自身。その彼氏に固執しているだけで、本当はもう好きじゃないのでは?

このように、今まで周りのせいにしていたことを考え直すことで、自分の中の原因や、隠れていた自分の本心が見えてくることもあるのです。

 

自問自答する


悩みの原因が自分の中にあるのなら、悩みの原因は自分にきいてみるしかありません。しつこいくらいに自問自答するのです。

たとえば、「イライラする」

なぜイライラするの?
「後輩に仕事を頼んだのにミスばかり」

なぜそんなにミスをするのだろう?
「後輩への頼みが悪かったのかも」

なぜ?「急いでいて丁寧に説明する時間がなかった」
なぜ時間がなかった?
「別の仕事の納期がせまっていた」

なぜその仕事は納期ギリギリになった?
「自分の作業の見通しが甘かった」

と、このように原因と、自分自身の仕事の進め方納期管理の仕方などの改善点が見えてきます。

「イライラする」じゃあ「イライラしないように深呼吸」というその場限りの対処法だけでは、根本原因の解決にはなりません。

その場の対処法もストレスを逃がすためにも必要ですが、それだけにとどまらずに、根本原因まで掘り下げて考えることが、同じ悩みを繰り返さないために重要です。

仕事だけでなく、友達や恋人、家族などの人間関係の問題、ダイエットなど美容の問題、貯金など金銭管理の問題も、あらゆる問題に対して「なぜ?」と自分で繰り返し問いかけてみましょう。

とても根気のいる作業で、嫌になってしまうかもれませんが、深く掘り下げて考えると、次第に原因に近づいていきます。

 

 

整理してみましょう


「なぜ?」と問い続けていくうちに、原因がいくつも思い浮かんで来たり、そこからまた別の悩みが出てきてしまったり、「もう訳が分からない!」という状態に陥ってしまうこともしばしば。

考えるのをやめたくなってしまします。

ですが、せっかく考えているのに、そこで考えを止めてしまっては勿体ないです。

複数の原因があるならその一つ一つに対して「なぜ?」「どうして?」と問いかけて、じっくり深く考えていかなければなりませんから、悩みや思いつく原因を紙に書き出して整理していくことをおススメします。

自分の考えがまとまるだけでなく、考えているうちに思考がぶれたり、ずれていったりしたときの修正にも役に立ちます。頭で考えているだけでは気づけない原因にも気づくことだってありますよ。

また、紙に書いておくと後から見直すこともできますので、時間をおいてまた考え直す、ということもできます。
時間を置くことで、別の見方ができるようになったりもするものです。

他の悩みが出てきたときにも、紙に書いておいたことが役に立つかもしれません。

(文:ルル)

 

今日のまとめ

モヤモヤ感を解消したい!自分で悩みの原因を見つける方法

いかがでしたか。自分自身としっかり向き合って、深く考える。
普段なかなかやらないことですし、面倒に思えたり、難しいことのように感じるかもしれません。

ですが、そうした面倒な作業こそが自分自身を知り、悩みの原因を知るためには不可欠な手順なのです。自分の中の原因が分かれば、それを取り除くことは、さほど難しくはありません。
そして、自問自答している時間や考えたことは決して無駄にはなりません。たとえ、その時に悩みが解決しなかったとしても、あなたの人生を豊かにする糧となるでしょう。

1. 周りのせいにしないで自分を見つめる
2. 自問自答する
3. 悩み事を整理してみましょう