口臭に悩んでいた女性が質の良い唾液にこだわった5つの理由

口臭に悩んでいた女性が質の良い唾液にこだわった5つの理由
何をやってもお口のニオイが臭かったアラサー独女がある方法を取り込んでみたら、イッキに口臭が改善されたというお話です。

唾液にはいくつか重要な役割があって、その中のひとつに、お口の中を綺麗にして虫歯や口臭を防ぐという役目があります。

なんと唾液が口の中で細菌やウイルス、そして食べカスなどを洗い流してくれるのです。さらにさらに抗菌作用もあるんだとか。

そこで今回は、そんな素晴らしい効果をもたらしてくれる唾液パワーの秘密についてみていきましょう。

口臭に悩んでいた女性が質の良い唾液にこだわった5つの理由

 

ブレスコントロールは社会人の常識


ブレスコントロールは社会人の常識
あなたは自分の口臭を常に気にしていますか?

デートの前や、大切なプレゼンなどがあって緊張したときなど口臭が気になるシーンはいろいろありますよね。特に、デートの前には私も歯磨きを入念にしたり、ミントタブレットなどを持ち歩いて、相手の人に失礼にならないようにしています。

緊張したときや、体調が悪いときも口臭って気になりますよね。

もともと、口臭というのは唾液が少なくなり、口の中の細菌が増えることによっておこるものなんだそうです。もちろん、ニンニクなど臭いの強いものを食べたときなど、食べ物による原因もありますが、毎日気になる口臭は、口の中の細菌が関係していることが多いですね。

口臭が一番きついのは一日のうちで「朝」だと言われています。

起きたときはやっぱり自分でも「口臭がきついな~」と感じませんか?
そのまま、なんとなく朝ごはんを食べて、会社に行って・・・。
それでは、あなたの口は臭いままかもしれませんよ。

外国では、ブレスコントロールというものがマナーになっているそうです。特に、アメリカなどではあいさつ代わりにキスをしたり、ハグをしたりすることが多いです。あまり親しくない人でも、顔を近づけることが多いため、息に気を使う人も多いというわけですね。

日本人では、あまり顔を近づけることは少ないでしょう。自分の子供や恋人といった特別な人以外とは顔を近づけることはありませんよね。

だから、あまり息にこだわっている人は少ないかもしれません。今は、ガムのCMなどで「息を綺麗に!」というキャッチフレーズを耳にすることはありますが、それでも常に域に気を配っているという人はあまりいないですよね。

ボトル入りのガム
ボトル入りのガムを会社のデスクの上に置いておいて、常にガムをかんでいるという人も私の会社にいますが、それはブレスコントロールのためというよりは、自分が口さみしいからという理由で噛んでいるという感じです。

アメリカでは口臭を治療するということも当たり前のように行われているそうです。日本で、口臭を治療するために歯医者に行くという人はあまりいないですよね。でもそれだけブレスコントロールは大切なことなのです。

顔を近づけることが少ないと言ってそのままにしていてもいいかもしれませんが、いつも綺麗な息でいることは、周りの人に差を付けられる大事なポイントなのかもしれません。

 

唾液の質を上げることが、口臭予防のカギ


唾液の質を上げることが、口臭予防のカギ
では、口臭を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

口臭予防のカギとなるのは、質のいい唾液です。唾液は常に口の中にあるし、わざわざ質のいい唾液にこだわることないんじゃない?と思いがちですが、質のいいサラサラの唾液にしてあげることが口臭予防には大切なのです。

健康な人の唾液の中には、約200種類前後の微生物が存在しています。なんとその数、数十億ということです。

そのままの状態では臭いませんが、この細菌の数が増えると臭いが強くなっていきます。細菌が増えるのは、口の中の酵素が減ったときです。酵素が減り、口の中が乾いた状態になると口臭が発生してきます。

緊張すると口臭がきつくなるというのは、緊張して口の中が乾いてしまうことが原因なんですね。

なぜ、唾液がたくさんあると口臭が防げるのかというと、唾液には、酵素が含まれているからなんです。

唾液が豊富にある状態なら、口の中が潤っていて臭いが発生しにくいんですね。

 

質のいい唾液の作り方


質のいい唾液の作り方
質のいい唾液はどのようにして作ったらいいのでしょうか?

唾液を出すのって難しいと思いがちですが、実はいろいろな方法で出すことができるんです。

まず、手軽な方法がガムを噛むこと。虫歯予防のために、キシリトール入りのガムを噛んでいるという人は多いと思いますが、
実は、口臭予防にも効果があるんです。

ガムを噛むことによって、唾液がどんどん分泌されます。普通のガムだと砂糖が含まれているので、虫歯になりやすくなってしまいますが、キシリトールのガムでは、虫歯になるリスクを抑えながら、質のいい唾液を作り出すことができるので、オススメです。

あとは、歯医者さんのお話にあった質のいい唾液の作り方として、だし昆布やお茶の葉を舌の上に乗せて唾液を出す方法です。一センチ角くらいに切った昆布やお茶の葉を舌の上に乗せ、動かしたりせずに舌の上の唾液で溶かしてふやかしていく感じで唾液の分泌を促していきます。

これを続けていくことで、サラサラで質のいい唾液が分泌されてきて、口臭を予防することができます。

 

 

朝、夜の丁寧な歯磨きのススメ


朝、夜の丁寧な歯磨きのススメ
夜の歯磨きは丁寧にする人は多いですが、朝はササッと磨いておしまい・・・という人も結構いますよね?
私も、前まではそうだったのですが、今は朝も丁寧に歯磨きをするようになりました。

実は、この方法を毎日するようになってから、二人の人に息をほめられました。一人は、彼氏から。そしてもう一人は職場の上司からでした。

上司とあまり近づいて話すことはないのですが、会議のときや報告などでどうしても話す機会は多くなりますよね。ある日、報告に行って話しているときに
「○○さん、息がいい匂いするよ」なんて言われてしまいました。
まぁ、ちょっとセクハラ?っぽい感じもしますが、息をほめられるのって結構うれしいですよね。

朝の歯磨きのときも、きちんと時間をかけて磨きましょう。そして、しっかりマウスウォッシュをしてから出かけます。

私は、口の中にスプレーするマウススプレーやミントタブレットを持ち歩いたり、ガムも通勤途中にいくつか噛んだりして、ブレスコントロールをきちんとしています。

寝る前の歯磨きもきちんと磨いた後に、必ずフロスを使って歯の間も綺麗にしています。

マウスウォッシュも朝と夜と使い分けているんですが、朝はスッキリする味のもの、夜はリラックスできる味のものという感じで選んでいます。

歯垢も定期的に取り除いた方がいいので、歯医者さんに行って綺麗にしてもらうことをオススメします。歯垢は口臭の強弱を左右しますので、必ず取りに行くようにしましょう。普段の歯磨きも大事ですが、プロの手にお任せすることも大事です。

 

口臭を予防してくれる食べ物、飲み物


口臭を予防してくれる食べ物、飲み物
口臭は食べ物によっても変わりますよね。ニンニクを食べたときは、本当に臭くなって、周りにいる人も被害にあいます。焼き肉、餃子、キムチ・・・食べた次の日は気を付けないといけません。

口臭を気にしている私は、焼肉や餃子、キムチなどの匂いの強い食べ物は必ず金曜日の夜に食べるようにしています。金曜日の夜なら、思いっきり食べても会社の人に迷惑をかけることもありませんよね。週末にデートがあるときは控えますが・・・。

そして、次の日には口臭を予防してくれる食べ物や飲み物を摂る様にしています。

口臭を予防してくれる食べ物は、サラダや果物などの酵素の多いもの。そして、乳酸菌の含まれるヨーグルトもいいようです。

レモンや梅干しには殺菌作用がありますので、口臭が気になるときには積極的に摂りましょう。

飲み物は、紅茶や緑茶などが口臭予防に効果的です。

土日は、身体の中から臭いを消すようにしっかりと綺麗な食べ物を食べるようにしましょう。

 

今日のまとめ

口臭に悩んでいた女性が質の良い唾液にこだわった5つの理由

いかがでしたか。口臭を気にしている女性は、やっぱり女性としても社会人としてもしっかりした人というイメージがありませんか?

私はバリバリ仕事ができるタイプではありませんが、せめてブレスコントロールをして口臭をゼロにすることで、周りの人に不快な思いをさせないようにしたいと考えています。
あなたもぜひ、周りの人と差をつける、ブレスコントロールをしてみませんか?

・ ブレスコントロールは社会人の常識
・ 唾液の質を上げることが、口臭予防のカギ
・ 質のいい唾液の作り方
・ 朝、夜の丁寧な歯磨きのススメ
・ 口臭を予防してくれる食べ物、飲み物

 

あなたはツイてる(^_-)-☆