新年の抱負に使える7つの例文!願いを叶える魔法のフレーズ


新年の抱負に使える7つの例文!願いを叶える魔法のフレーズ
「今年はこれが出来なかった」「来年はこうしたいなぁ」など、今年1年を振り返ることも多い12月。色々と思うところがあるものです。

年が明けてお正月。新たな気持ちで「今年こそは〇〇をしよう」と新年の抱負を持ったのもつかの間。計画倒れになってしまったり、決意が揺らいだり・・・。続かない人の方が圧倒的に多いですよね。

「続かないことには、新年の抱負を述べても意味がない・・・」と思うかもしれませんが、その想いをムダに終わらせないための方法を私がこっそり伝授します!

新年の抱負に使える7つの例文!願いを叶える魔法のフレーズ

 

新年の抱負と目標は違う?


新年の抱負と目標は違う?
「新年の抱負」と「新年の目標」は、どちらも同じような意味で使われることが多い言葉ですが、意味合いが少し違うようです。まずはその違いから見ていきましょう。

抱負というのは、強く心に願うことを指しています。要するに気持ちの問題で、決意・志望などを言うんですね。

一方、目標は目的(=ゴール)に向かって具体的に達成すべきことを指しています。数値やいつまでに!などと期限を決めることも。

例えば「私は〇〇の資格に受かる!」と抱負を立てた場合、目標は「6月までにテキストを全部読んで網羅する」というイメージです。抱負と目標をごちゃ混ぜにしないようにするというのを、まずは頭の中に入れておくといいでしょう。

 

新年の抱負に使いたい!願いを叶える魔法のフレーズ7選


新年の抱負に使いたい!願いを叶える魔法のフレーズ7選
ここでは、新年の抱負で使える“願いを叶える魔法のフレーズ”をご紹介します。願いを叶えるために使う魔法のフレーズというのは、アファメーションの考えに則ったもの。

アファメーションとは自己啓発の1つで、自分の持つ潜在能力を「言葉の力で高めていく」という方法論です。 “私”を主体とした肯定的な言葉を繰り返すことで、理想とする自分の姿に近づくことができると女性たちの間でも話題になっているんですよ。

アファメーション願いが叶う!たったの1ヶ月であらゆる願望を実現するアファメーション

 

その1.

私は自分に起こった出来事の全てをポジティブに考えます!


私は自分に起こった出来事の全てをポジティブに考えます!
辛いことや嫌なことがあると「自分はもうダメかもしれない」とか「ついていないなぁ」と、ネガティブな感情に支配されそうになってしまう・・・。

そういう傾向がある人は “マイナスの考えを持たないこと”を新年の抱負として、宣言してしまうのがおすすめです。どんな出来事も今の自分にとって必要なこと。「いつもパワフルでタフな女性でありたい(けれど実際は・・・)」という人は、この言葉を繰り返してみてください。

 

その2.

私は〇〇という理想の結婚相手と出逢います!


私は〇〇という理想の結婚相手と出逢います!
結婚したい女性は、結婚したい想いを新年の抱負にするといいでしょう。「〇〇」の部分には、自分がどんな相手をパートナーとしたいのか、具体的に思い浮かべて「無人島に行ってもたくましく暮らしていけるような生活力のある人」など、具体的であれば具体的であるほど、引き寄せの法則が働きます。

「結婚できるといいな」「結婚できますように」という願いで終わってしまってはダメ。叶う前提の言葉を使うのがポイントです。

運命運命の人に出会うためのおまじないと見逃したくない前触れ5つ

 

その3.

私はチャンスに恵まれている!


私はチャンスに恵まれている!
同じような事をしている人であっても、順調にいく人とそうでない人がいますが「それって実力の差なの?」と思ったことはありませんか?これは意外とそうでもなく“チャンス(=運)”だったりします。

でも、運というのはフワッとしたもので掴みどころがないものですよね。それを引き寄せるための新年の抱負がこれです。

チャンスに恵まれている

という言葉の通り、仕事もプライベートもいい波に乗れる人が多い、まさに魔法の言葉です。

 

 

その4.

私はよい人脈に恵まれて幸せだ!


私はよい人脈に恵まれて幸せだ!
「仕事の幅を広げていきたい」と思っている人は、実力を伸ばすことも大事ですが、人脈を大事にした方がいいですね。自分一人では叶えられない大きな目標にも、人脈が活きて夢が叶うことも。人脈というのはすぐに出来上がるものではありませんが、よい人脈が広がっていることをイメージして、自分がどのような人たちと過ごしていきたいのかを言葉にすることは大事です。

自分の理想とする人たちの輪の中に入って、談笑しているような姿も思い浮かべられれば、さらにいいですね!

 

その5.

私の彼(夫)は私にいつも優しい


私の彼(夫)は私にいつも優しい
パートナーとの関係がうまくいっていない、ギクシャクしているなと感じている人は、別れや離婚が頭をよぎるかもしれません。でも、一度くっついたもの同士が離れるというのは、痛みを伴うものです。まだ好きで別れたくない場合は、新年の抱負にこの言葉を選ぶといいでしょう。

自分を主体とする、アファメーションの考えでは「相手への言葉や態度は自分に返ってくるもの」という風に考えられているので、彼(夫)の言葉・態度も自分次第で変えられるのです。

パートナーは、いわば自分の姿を映し出す鏡。この言葉を意識しておけば、自分自身も優しくいられるのではないでしょうか?

 

その6.

私は満足できる収入を得られた!


私は満足できる収入を得られた!
どんなに職場の人間関係が良くても「収入に満足できていない」「このまま給料が上がらないのかな」と不安に感じている人は多いはず。このようなお金の問題も、新年の抱負で宣言することで、お金に愛される体質へと変わります。

例えば、会社での給料が上がるというだけでなく、副収入を得られるようになる、転職して給料が上がるなど。収入アップはモチベーションアップにも繋がりますので、不満を感じている人はその気持ちを新年の抱負に変えてみて。

ネット界で有名なある女性が「自分の年収と体重を一緒にする」と公言していましたが、若くしてその目標を達成していましたよ。言葉の力ってすごいですね。

 

その7.

私は人前で上手に話せている!


私は人前で上手に話せている!
緊張で色々と失敗しているなと感じている人は、自分がプレゼンで大成功しているイメージを描き「人前で上手に話せている」という言葉を新年の抱負にするといいでしょう。

その他にも、人と話すのが苦手な人は

私は誰とでも楽しく会話ができる

など、苦手な物に目を背けずに克服しようと意識することは、自分の成長へとつながります。

 

今日のまとめ

新年の抱負に使える7つの例文!願いを叶える魔法のフレーズ

願いを叶える魔法のフレーズ
数年前の仕事始めの日に上司が突然、新年の抱負を述べるよう提案してきました。「えっ、特にありません・・・」と大半の人が答える中、具体的な言葉を述べたAさん。その言葉通りの結果を出し、また次の抱負を立ててそれも難なくクリアしていました。

突然聞かれると、頭が真っ白になってしまう新年の抱負ですが「こうありたい」という願いや理想は、誰でも何かしらは持っているものだと私は思っています。その願いや理想を言葉に変えて、日頃から繰り返し唱えておくことで、願いや希望が叶いやすくなるので、試してみてくださいね。

運気運気が上がる時のサインや願いが叶う前兆に気づくための7つの方法

・ 新年の抱負と目標は違う?
・ 新年の抱負に使いたい!願いを叶える魔法のフレーズ7選
1. 私は自分に起こった出来事の全てをポジティブに考えます!
2. 私は〇〇という理想の結婚相手と出逢います!
3. 私はチャンスに恵まれている!
4. 私はよい人脈に恵まれて幸せだ!
5. 私の彼(夫)は私にいつも優しい
6. 私は満足できる収入を得られた!
7. 私は人前で上手に話せている!

 

この記事を読んだあなたはホントにツイてる(^_-)-☆