AGEを作らない!今すぐ始めたい究極のアンチエイジング3つ

AGEを作らない!今すぐ始めたい究極のアンチエイジング3つ
見た目年齢が実年齢よりも老けて見える人は、見た目だけでなく体の中も老けているのだそうです。

たんぱく質が糖と結びつき、熱が加わったり時間が経過すると「AGE(終末糖化産物)」という老化物質ができます。この「AGE」が肌のハリを奪い、たるみやシミ、くすみ、シワなど肌老化や髪の老化原因となり、見た目年齢を老けさせるのです。

そればかりか、動脈硬化や骨粗しょう症の原因になるとも言われています。

そこで、今回は「AGE」を予防するアンチエイジングの方法を3つ紹介しますので、今すぐ実践してみてくださいね。

AGEを作らない!今すぐ始めたい究極のアンチエイジング3つ

 

AGEを作り出さないためには血糖値を上げないこと


AGEは血液中のブドウ糖が過剰になり、溢れ出すことで発生します。AGEを作り出さないためには、血糖値を上げないことが重要です。

血糖値を上げてしまう要因は、満腹と早食いです。

血糖値が上昇することによって、人は満腹であると感じます。つまり、満腹であるいうことは、血液中に糖があふれだし、AGEがバンバンつくられている状態だということです。食事は腹八分を心がけましょう。

早食いは、血糖値を急激に上昇させてしまいますし、食べ過ぎてしまう傾向もあります。1口につき30回を目標に良く噛んで、ゆっくり食べることを意識しましょう。

また、食べる順番も重要です。パンやごはんなどの炭水化物を最初に食べると、血糖値が急激に上昇します。
食事の際は食物繊維を多く含む野菜類、たとえばサラダや野菜の煮物、酢の物などを最初に食べることで、糖質の吸収を抑制し、血糖値の上昇を防ぐ効果があります。

食後に軽く体を動かすことも効果的です。食後は、血糖値が高い状態になっていますそのタイミングで体を動かすことで血糖値を下げるのです。本格的な運動でなくても良いのです。食後直ぐに食器を片づける、軽いストレッチをするなど、とにかく食後にダラダラしないというのがポイントです。

どれも日頃のちょっとした心がけで簡単に実践できそうですね。是非、試してみてください。

また、体の中だけでなく、体の表面の皮膚でも、紫外線を浴びることによってAGEが増えることが分かっています。

夏だけでなく冬の弱い紫外線でもAGEは増えますので、1年を通じての紫外線対策が必要です。

 

AGEを多く含む食品を避けること


AGEは体内でつくられるだけでなく、食物にも含まれています。食物に含まれているAGEの多くは体外に排出されますが、約7%が体内に蓄積され、体や肌を老化させる原因となります。

AGEを多く含む食品を避けることも大切なのです。

AGEは食材そのものというよりも、調理方法で変化します。

揚げる、焼く、炒めるなどの加熱調理によってついた、こんがりとした焼き色の部分に多くのAGEが含まれています。

から揚げ、とんかつ、焼き鳥、ステーキ、ハンバーグなど、焼き色のついた動物性の食品はAGEが多いと覚えておくと良いでしょう。

同じ肉でも、蒸す、ゆでるなどの調理方法ならば大幅にAGEは減りますので、お昼にハンバーグを食べたら、夕飯は、蒸し鶏や水炊きなどという風に、焼き色のついたものばかりに偏らないよう注意しましょう。
また、焦げている部分はAGEの塊ですので、避けた方が良いでしょう。

パンケーキやワッフルなどの焼き菓子、コーラなどの飲料水の人工甘味料にも多くのAGEが含まれていますので、とりすぎないように注意してください。

こうしてみると、AGEを多く含む食品はカロリーの高いものが多いですね。

つまり、AGEの多い食品を避けることは、ダイエットにもつながり、まさに一石二鳥というわけです。

また、食品ではありませんが、たばこにも多くのAGEが含まれていますので、若返りたい方には禁煙をお勧めいたします。

 

 

アーモンドでAGEの生成を抑え美肌になる


アーモンドなどのナッツ類には、AGEの生成を抑え、老化を防ぐ効果があります。
また、アーモンドには抗酸化作用があり、若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEも多く含まれていますので、肌にハリやつやを与える効果もあるのです。

さらに、ダイエットに効果のある食物繊維やビタミンB2も含まれるアーモンドは、アンチエイジングのみならず、美容に関しては良いことづくしな食品なのです。

1日に必要な量の目安は20~25粒。できれば素焼きの無塩のものが良いでしょう。薄皮の部分に抗酸化作用がありますので、薄皮がついている状態で食べるのが効果的です。
これを毎日続けることで、美しい肌がよみがえります。

「アーモンドは脂肪が多くて太る」と思っている人も多いでしょうが、食べ過ぎなければ大丈夫。1日に必要な25粒分のカロリーは150kcal前後です。これぐらいなら許容範囲ではないでしょうか?

 

今日のまとめ

AGEを作らない!今すぐ始めたい究極のアンチエイジング3つ

いかがでしたか。いくら高い美容液を使っても、エステに通っても、老化の元となる物質を作らない、ためないようにしなければ、結局はその場しのぎにしかなりません。

AGEを作らない、ためない生活を心がけ、見た目年齢だけでなく、体内年齢も若返らせましょう。

AGE対策を始めるなら、早いに越したことはありません。早速、AGE対策をしてアンチエイジング、始めてみませんか?

1. AGEを作り出さないためには血糖値を上げないこと
2. AGEを多く含む食品を避けること
3. アーモンドでAGEの生成を抑え美肌になる