もう悩まないで!仕事ができない自分から抜け出す方法

もう悩まないで!仕事ができない自分から抜け出す方法
何をやっても上手くいかない、ミスがミスを呼んでドツボにはまってしまう…そんな経験ありませんか?だからといって、“できない自分”にド〜ンと落ち込んで引きずる…そんな馬鹿なことをする歳じゃありません。アラサー女子にとってミスは成功への大チャンスなのです。その失敗を如何にして次の成功につなげるのか、ミスをしてしまったときに有効な仕事術をお伝えします。これさえマスターすれば、仕事も上手くいき、あなたの社内での評判も、うなぎ上りになること間違いありません。

もう悩まないで!仕事ができない自分から抜け出す方法

「できない自分」から抜け出す方法【1】

まずは落ち着く


ミスをしてしまうと、「ミスしてしまった、どうしよう。」と気持ちが焦り、さらにミスを重ねてしまうことがあります。

やってしまったものは、もう変わりません。いったん深呼吸して、冷静になることを意識しましょう。ミスしたときの対応を、周りの人は案外シビアにみているものです。

まずは、ミスを起こした事実、その結果その仕事が現在どういう状況になっているのかを、迅速に上司や関係者に報告し、誠心誠意、謝罪しましょう。

ミスしたことを隠したり、焦って自分勝手動けば被害はさらに大きくなりますし、ミスを周りの人や会社のせいにしてしまったりすれば、あなたの評価は最悪なものになってしまいます。

謙虚な姿勢で上司の指示を仰ぎ、自分のすべきことを落ち着いて行ってください。まずはミスの影響を最小限にとどめ、傷口を広げないことが大切です。

 

「できない自分」から抜け出す方法【2】

なぜミスが起きたのか


今回のミスがなぜ起きてしまったのかを探ることは、つらい作業ではありますが、同じミスを繰り返さないために重要なことです。くよくよ落ち込み悩むのではなく、是非「同じ失敗はしないぞ」と、次につなげる前向きな気持ちで、原因を探ってください。

作業スピードが遅かったのか、情報収集が足りなかったのか、日程的に無理があったのか、チェックの仕方に問題があったのか、慣れた作業で慢心があったのか、こなしきれない仕事量を抱えていなかったか。

失敗した理由をまずは冷静に突き止めましょう。

自分一人では自分の仕事を客観的にみることは難しいですし、その会社の仕事のルールがミスを起こしやすい複雑なものだったりするかもしれません。

上司や先輩など周囲の人に相談するのも有効な手段です。

 

 

「できない自分」から抜け出す方法【3】

改善策を具体的に考える


ミスの原因をどうすればなくせるか、できるだけ具体的な方策を考えます。

たとえば、作業が遅れて、期日に間に合わせるためにチェックがおろそかになったのであれば、スケジュール管理を徹底することでミスを防ぐことができます。細かく進捗を管理し、いつまでに何を終わらせるかをしっかりと決めていれば、期限間際に焦ることなく、余裕をもってチェックができるはずです。

また、今週中にやらなければならない作業をうっかり失念した場合、ToDoリストを作ってチェックしたり、スマホなどのリマインダー機能を利用することで、うっかり忘れを防止することができます。

ミスの内容や改善点によっては、あなた自身だけの改善点にとどまらず、部署全体で仕事のフローを見直したり、マニュアルを整備したりと、部署全体の改善提案をした方が良い場合もあります。

上司や先輩など周囲の人と相談しながら、部署全体の改善策の提案へとつなげていくことができれば、あなたの部署はより効率よく仕事ができるようになり、あなたの評価も上がります。

ミスしたことを取り返すだけでなく、ミスを成功へとつなげていくことができるのです。

 

「できない自分」から抜け出す方法【4】

気持ちを切り替える


ミスをした後は、いくらうまく対処できたとしても、冷静でいることを心がけていても、どうしても気が滅入ったり、「できない自分」にイラついたりすることもあるでしょう。

そんな時は、自分なりの方法で気持ちを切り替えましょう。

早めに寝る、適度な運動をする、信頼できる相手に話を聞いてもらう、半身浴でリラックスする、泣ける映画を見る、お酒を飲む(2日酔いにならない程度に)などなど、自分に合った方法を見つけてくださいね。

それでもだめなら、「1日だけ」と期限を決めて、とことん落ち込んでうじうじするのもいいのではないでしょうか。但し、そんな状態で仕事をされても周囲の人にとっては迷惑なだけですから、思い切って休みを取って、1日だけ引きこもるのもよいでしょう。

また、「仕事でミスしたくらいで死にはしない」と考えると気分が楽になりますよ。医療関係者や危険な仕事をされている一部の人には当てはまらないですが、普通の会社員ならば、どんなひどいミスでも命までは取られません。

気分が軽くなるおまじないのような言葉です。

(文:ルル)

 

今日のまとめ

もう悩まないで!仕事ができない自分から抜け出す方法

いかがでしたか。どれだけ気を付けても、改善策を立てても、100%全くミスしない、ということはあり得ないでしょう。大なり小なり、多かれ少なかれ、誰しもミスはするものです。

だからといって、開き直ってしまうのではなく、ミスから学び改善し、ミスとうまく付き合っていってください。

また、社会人経験が長くなると、疲れがたまっている時や仕事量が多くなっている時、ミスが起きそうな予感がなんとなくわかってきたりしませんか?そんな時には、早めに休みを取ったり、仕事量を調整してもらえるよう上司に相談したり、ミスが起きる前に手を打つことも必要ですね。

1. まずは落ち着く
2. なぜミスが起きたのか
3. 改善策を具体的に考える
4. 気持ちを切り替える