アンガーコントロールを身につけた女性が引き寄せた幸運な毎日

アンガーコントロールを身につけた女性が引き寄せた幸運な毎日
いつも機嫌が良くて他人に対して怒っているところを見たことがない職場の先輩に、思い切って聞いてみました。

「なぜ、いつも上機嫌でいられるんですか?」そしたらなんと、「アンガーコントロールを身に付けたから」ですって!

どうやらアンガーコントロールを身に付けるとラッキーなことが起きるらしいです。アンガーコントロールって具体的にどうするのかな?

怒りをコントロールできるようになったらどんな良いことがあるの?

アンガーコントロールを身につけた女性が引き寄せた幸運な毎日

 

職場の怒り攻撃から自分の心と体を守ろう!


職場の怒り攻撃から自分の心と体を守ろう!
朝から機嫌の悪い上司の八つ当たり、突然かかって来るクレーム電話への対応、同僚・後輩の逆ギレなど、職場にはいきなり降りかかってくる他人からの理不尽な怒り攻撃がいっぱいです。

相手の怒りに振り回されてクタクタになったり、怒っている相手の感情に影響されてこちらも不機嫌になったりイライラしたりと、怒りの悪影響はどんどん周りに広がっていきます。

しょっちゅう怒っている人は心臓病のリスクが上がって健康に悪い上に、いつもイライラした感情にとらわれていると、周りの人も遠ざかっていき、幸運が逃げていきます。

怒りのエネルギーが飛び交っている職場で、いつも怒らず落ち着いた振る舞いをする人ってホントにありがたいですよね。

そんな怒りのコントロール、アンガーコントロールを学んだ先輩に、怒りとの上手な付き合い方のコツを聞いてみました。

 

イライラ攻撃のバリアを作って落ち着いて対処しよう


イライラ攻撃のバリアを作って落ち着いて対処しよう
先輩は、「誰かが怒って攻撃してきたら、自分の周りに透明なバリアを張るの」って教えてくれました。怒っている人がこちらに向かって怒りの火を噴いてくるのを、このバリアではね返してしまうんですって!

この時、相手が投げかける怒りの砲弾を売り言葉に買い言葉でそのまま投げ返してしまわないのが、アンガーコントロール法のポイント!

まずはイライラ攻撃をかわします。

 

怒りのピーク、最初の6秒間を守りきろう!


怒りのピーク、最初の6秒間を守りきろう!
先輩が言うには、相手からムカッとする攻撃を受けて感じる怒りのピークは「最大6秒間」だそう。もちろん6秒間たてば怒りが消えてしまうわけではありません。

でもこの6秒間は、反射的に相手に言い返したり反応してしまい、アンガーコントロールに失敗してしまう最も危険な時間帯なんですって!

だから、アンガーコントロールに成功するためにはまず、怒りの感情を感じた最初の6秒間を、イライラ攻撃撃退バリアではね返しながらやり過ごすのが大切なのです。

 

怒りのピークの6秒間にイライラする出来事を手足に書いて時間稼ぎ


怒りのピークの6秒間にイライラする出来事を手足に書いて時間稼ぎ
「人によっては何もせずにじっと6秒間辛抱できない人もいるかもね。そんな時には手の平や、座っている時には腿のところに指でイライラする出来事を書いて時間稼ぎする方法もあるわよ。」と先輩が。

これは怒りのピークをやり過ごすために使うアンガーコントロールのテクニックの一つなので、条件が許せばメモ帳に書くなどの方法でも構わないそうです。このアンガーコントロールは、あくまでも怒りのピークをやり過ごすための時間稼ぎだと捉えてください。

 

 

あなたの怒り今、何度?


あなたの怒り今、何度?
先輩は、「怒りって目に見えない感情でしょう?だからとっても扱いにくくて迷惑なモノだと思っちゃうけど、仕事と一緒で“見える化”すると、扱いやすくなるのよ。」とも言ってました。

「それってどんなアンガーコントロールの方法なんですか?」って聞いてみたら、毎日の天気予報の気温みたいに、怒りの感情を数値化してみるんですって。

怒りの温度のスケールは0~10の10段階で、イライラしていないハッピーな気分の時を0、人生最大級の怒りが10ですって。

イラッと来るたびに、感じた怒りの感情に0から10までの点数をつけてカウントして、感情的にならずに怒りに冷静に対応するためのアンガーコントロールのテクニックみたい。

こうやって怒りの感情を数値化しながら自分が怒りやすいパターンをつかんでおいて、相手の怒りに巻き込まれないように天気予報ならぬ怒り予報として役立てているんですって!

 

気分が落ち着いたり、元気になるコーピングマントラを用意しておく


気分が落ち着いたり、元気になるコーピングマントラを用意しておく
このアンガーコントロールテクニックは、「コーピングマントラ(Coping Mantra)」という、「困難なことをうまく対処したり処理するための呪文や繰り返し使うフレーズ」を使う怒りへの対処法です。

怒りの対象によって使う言葉を決めておき、身近な相手の場合には「いつものこと。気にしない」たまに接する人の場合、「こんな相手のために腹を立てても仕方ない」、調子の悪いPCやなかなか来ないエレベーター、信号待ちなどには「怒っても仕方ない。他の解決法を考えよう」などを使うそうです。

そのうえに、自分を元気づけたり気持ちがポジティブになるプラス思考の言葉を心の中で唱えると、幸運体質になるんですって。

そんな言葉は「ポジティブセルフトーク」と言われる、自分が自分に向かって語りかける言葉です。この言葉を、自分を守ってくれる神様や天使や守護霊など、自分以外の第三者が語りかけてくれているように言うと、より状況を客観的に捉えられて、心が落ち着く効果があるそうです。

先輩はここまで習慣化しているので、怒りのエネルギーが渦巻くネガティブな空間に遭遇しても、最後には自分をハッピーで幸運な状態に持って行けているみたいです。

 

実際、先輩はみんなから信頼されていて幸運体質です


実際、先輩はみんなから信頼されていて幸運体質です
先輩は職場でも特に「仕事がデキル」とか、「切れる人」という評判ではないけれど、上司や同僚や後輩からとても信頼されています。それはきっと、どんな時でも先輩が冷静で怒って感情的にならないからだと思います。

上司も大切な取引先に先輩をいつも同伴しているし、先輩もアンガーコントロールを身につけているおかげで、怒りの感情でエネルギーを浪費せずに、自然体で輝いているから、男女を問わずとてもモテて、大事にされてます。

先輩が幸運なのは、不幸を招く怒りと上手に付き合うアンガーコントロールを毎日実践しているからだとよくわかりました。

 

今日のまとめ

アンガーコントロールを身につけた女性が引き寄せた幸運な毎日

今回は、先輩が幸運体質になったアンガーコントロールのテクニックを紹介しましたが、いかがでしたか?

一瞬の怒りにかられて余計な一言を発してしまい、大切な人間関係や仕事を失ってしまうことはよくあります。

なかなかアンガーコントロールのテクニックを学ぶ機会はないので、あなたにピンとくる方法があったら、ぜひ試してみてくださいね。

・ 職場の怒り攻撃から自分の心と体を守ろう!
・ イライラ攻撃のバリアを作って落ち着いて対処しよう
・ 怒りのピーク、最初の6秒間を守りきろう!
・ 怒りのピークの6秒間にイライラする出来事を手足に書いて時間稼ぎ
・ あなたの怒り今、何度?
・ 気分が落ち着いたり、元気になるコーピングマントラを用意しておく
・ 実際、先輩はみんなから信頼されていて幸運体質です

 

あなたはツイてる(^_-)-☆